『ベビースマイル』は赤ちゃんの健康に関する情報をお届けするサイトです。 赤ちゃんの病気や日頃のケア、健康をサポートする育児用品まで幅広く紹介しています。

Q&Aページ


中耳炎

鼻水吸引関連

その他

中耳炎
  • 赤ちゃん Q: こどもの中耳炎の場合、耳鼻科と小児科どちらを受診した方が良いですか?
    (新生児の場合、乳幼児の場合、熱も出てる場合)

    A: できれば耳鼻咽喉科がいいと思われますが、わからなければ小児科でももちろん大丈夫です。

  • Q: 鼻をすする癖があり中耳炎になってしまいました。癖を直す良い方法はありますか?

    A: まずは鼻をすするくせを治さないといけません。本人に言い聞かせてはなすすりをすると耳が痛くなってしまうときちんと説明することが大事ですね。

  • Q: こどもの中耳炎で、こまめに鼻をかむ、鼻水吸引する以外の予防方法について教えてください。

    A: まずはウイルスや細菌感染から中耳炎が引き起こされますので風邪予防が大事です。手洗いうがいをこまめにして、栄養をつけ風邪をひきづらく生活環境から改善しましょう。

  • 赤ちゃん Q: 中耳炎と目やには関係がありますか?

    A: 鼻水が多くなると鼻を目をつなぐ鼻涙管を逆流して細菌が目のほうに達してしまいめやにが多くなります。

  • Q: 滲出性中耳炎はどうして耳に水が溜まるのですか?繰り返すのはなぜですか?

    A: 耳と鼻をつなぐ耳管というところの機能がうまくいかないことが原因になります。

鼻水吸引関連
  • Q: 電動鼻水吸引器は何歳まで使えますか?こどもは何歳まで鼻がかめないものですか?

    A: 大人になるまで使えます。鼻がかめないのはお子様によって年齢差があります。

  • Q: 両方の鼻が詰まってしまった時の鼻水吸引に関して注意することはありますか?

    A: とくに普段の鼻水吸引と変わりはありません。

  • ボンジュール Q: 新生児がメルシーポット等の鼻水吸引器を使う場合は、ボンジュールなどの先が細いノズルがあった方がいいですか?なくても吸えますか?

    A: もちろんなくても吸えます。鼻の孔が小さいのでほっぺをすこし引っ張りながら吸引してあげるとやりやすいです。

  • Q: 新生児の鼻水吸引をする時のノズルのあて方のコツを教えてください。
    (小鼻を引っ張ると書いてありましたが、赤ちゃんにするのが難しかったので)

    A: ほっぺをすこし引っ張りながら吸引するといいかもしれないですね。わからない場合には耳鼻咽喉科に受診して鼻吸引をしてもらいましょう。

  • Q: 吸っても吸ってもどんどん鼻水が出てくるのですが、一度にどれくらいの時間吸っていいなどの目安がありますか?

    A: とくに目安はありません。

  • Q: こどもが寝た体勢と起きた体勢ではどちらがより多く鼻水を吸引できますか?

    A: 起きていたほうが吸引がうまくできます。

  • 赤ちゃん Q: 吸引中に鼻血が出てしまいました。なぜですか?また吸っても大丈夫ですか?

    A: 鼻粘膜を傷つけてしまった可能性が高いです。すこし待って鼻血が止まったことを確認してからであれば再度吸引しても問題ないです。

  • Q: 赤ちゃんの鼻水は何回吸引していいの?

    A: 鼻水を吸引する回数の目安はありますか?とよくお母さんに聞かれますが、そんな時は、「特に目安はないですよ」とお答えしています。
    赤ちゃんは自分で鼻をかめません。鼻水が詰まっていると、夜も眠れなくなり、おっぱいも上手に飲むことができないのです。鼻水が出ているとわかったら、回数にこだわらずこまめに吸引してあげましょう。

  • Q: 鼓膜チューブ留置術中も鼻水吸引をしていいの?

    A: チューブ留置中に鼻水の吸引をすることは全く問題ありません。チューブ留置中だからこそ、ご家庭でも積極的に鼻水吸引をしましょう。
    ※鼓膜チューブ留置術中とは、鼓膜を小さく切開して鼓膜用の換気チューブをそこに留置し鼓室を換気できるようする処置です。

その他
  • Q: 鼻水が出ているこどもを病院に連れて行くタイミングを教えてください。

    A: すこしの鼻水だと病院に行くのも躊躇してしまいますがほっておくと中耳炎や副鼻腔炎に移行してしまうこともあります。心配になったらすぐに病院に受診しましょう。

  • Q: 熱がなく鼻水だけ出ているときは病院に行ったほうがいいですか?

    A: 熱がなくても鼻水が止まらない場合や黄色い鼻水のときには病院に受診しましょう。

  • 赤ちゃん Q: 白い鼻水、黄色い鼻水と、サラサラの水っ鼻の違いは何ですか?

    A: 風邪の初期や花粉症・アレルギー症状の場合には白い透明な鼻水の場合が多いです。
    黄色の鼻水のときには副鼻腔炎になっている可能性もあります。

  • Q: 風邪の時の鼻水とアレルギーでの鼻水、違いの見分け方はありますか?

    A: 初期では見分け方が難しく目のかゆみややくしゃみがあるときには花粉症やアレルギーが疑われます。

  • Q: 花粉症のこどもにはどんな治療法がありますか?赤ちゃんでも薬を飲むのでしょうか?

    A: 内服薬や点眼薬、点鼻薬もあります。症状によって内服することもありますので病院で相談しましょう。

  • Q: こどもの鼓膜が破れたらどうなりますか?

    A: 中耳炎で鼓膜が破れた場合には耳垂れがでてきます。鼓膜は1日~1週間程度で閉鎖しますので経過をかならずみてもらうため病院に受診しましょう。

  • 飛行機 Q: こどもが飛行機に乗った際の耳抜きの仕方、教え方を教えてください。

    A: こどもは難しいので水や麦茶、ミルクなどを離陸と着陸時にあわせて飲ませてあげましょう。

  • Q: 三塚先生が個人的にされているお子さまの健康管理の方法はありますか?

    A: 手洗いうがいを徹底的にしています。


三塚先生のクリニック

エムズクリニック白金


PAGETOP
Copyright © SEASTAR Corporation All Rights Reserved. > プライバシーポリシー