『ベビースマイル』は赤ちゃんの健康に関する情報をお届けするサイトです。 赤ちゃんの病気や日頃のケア、健康をサポートする育児用品まで幅広く紹介しています。

急性中耳炎の治療や予防法、原因について

  • HOME »
  • 急性中耳炎の治療や予防法、原因について

急性中耳炎の治療や予防法、原因について


急性中耳炎は、耳の中の中耳という場所に炎症が起きたり膿が溜まったりする病気です。中耳は、鼓膜の奥にある骨に囲まれた空間で、耳管によって鼻の奥とつながっています。

乳幼児は急性中耳炎になりやすいとされているため、あらかじめ治療法や予防法について理解しておきましょう。

急性中耳炎の治療や予防法、原因

急性中耳炎の原因

急性中耳炎は、中耳に細菌やウイルスが感染することで発症します。よくあるのが風邪をひいたときに鼻から侵入したウイルスが耳管経由で中耳に侵入したり、鼻が悪くなることにより、もともと鼻にいる常在菌が増えて、細菌が中耳に侵入し中耳炎を引き起こすケースです。
また、風邪やアレルギー性鼻炎などで鼻に症状がある場合、鼻を強くかんだりすすったりしたことで、細菌やウイルスが中耳へと侵入する可能性もあります。
 

滲出性中耳炎との違い

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)は、急性中耳炎を繰り返したり、耳管の機能が悪くなることで、中耳に膿ではなく、滲出液という液体が溜まる病気です。痛みはあまりありませんが、液体が溜まることで耳が聞こえにくくなります。

中耳炎を繰り返したり、アデノイド肥大や、アレルギー性鼻炎の鼻すすりなどが原因となります。また、ダウン症候群や口唇口蓋裂がある子供も滲出性中耳炎になりやすいです。
 

乳幼児が急性中耳炎にかかりやすい理由

乳幼児は、急性中耳炎にかかりやすいといわれています。急性中耳炎は大人でもかかるものの乳幼児によくみられ、半数以上が小学校入学までにかかるといわれています。

乳幼児が急性中耳炎にかかりやすいのは、大人と比べて耳管が太くて短いうえに、ほぼ真っ直ぐであることで細菌やウイルスなどが耳に侵入しやすいためです。

また、大人と比べて免疫機能が十分に発達していないことや、集団保育などで頻繁に風邪を引きやすいことが要因となります。他に急性中耳炎のリスクとして、おしゃぶりや受動喫煙もあげられています。
 

急性中耳炎の治療

急性中耳炎の治療方針は、重症度で変わります。非常に軽い場合は、痛み止めや解熱剤などで経過観察することもありますが、中耳炎の程度が中等度~高度である場合は、抗菌薬で治療します。
急性中耳炎のきっかけとなる風邪はウイルスなのに、なぜ抗菌薬で治療するのでしょうか?確かに風邪はほとんどがウイルスです。ただし鼻にウイルスが感染した後、急性中耳炎を引き起こす場合、かなりの高頻度に鼻にいる常在菌を中耳へ連れて行くことが分かっています。ですので、ごく軽症のもの以外は、抗菌薬治療を行うことが多くなります。

強い痛みや発熱は数日で改善することが多いものの、その時点では中耳に膿が残っている状態です。完全に貯留液が無くなるには1ヶ月くらいかかることもあり、それまでは医師の指示に従って治療を続ける必要があります。

また、薬での治療では改善が見込めない場合には、鼓膜切除術を検討します。これは、中耳に溜まった膿を排出させることを目的に、鼓膜に小さな穴をあける手術です。急性中耳炎が改善すれば鼓膜にあけた穴も数日でふさがるため、日常生活に影響もありません。
 

急性中耳炎の予防法

急性中耳炎は、風邪やアレルギー鼻炎などをきっかけに発症することがあります。そのため、風邪やアレルギー鼻炎の予防や早期の治療が中耳炎の予防につながります。

また、鼻水をすすったり強く鼻をかんだりすることをやめさせることも大切です。鼻吸引器で吸ってあげたり、鼻の正しいかみ方を教えてあげたりしましょう。

特に、鼻吸引や鼻洗浄は、鼻の中の細菌叢(さいきんそう)を良い状態へと整えるとともに、鼻腔環境を改善する効果が期待できます。鼻水が溜まると耳管機能が低下し、結果的に中耳炎が起きやすくなるため、鼻の症状に適切に対処することがポイントです。

子供は大人と比べて急性中耳炎にかかりやすいうえに何度でも繰り返す可能性があるため、風邪やアレルギー性鼻炎になったときは保護者の方が注意深く観察し、耳を痛がるときは速やかに医師に相談しましょう。また、治療の際は処方された薬を最後まで飲みきることが大切です。


PAGETOP
  • シースター株式会社 公式LINE
  • シースター株式会社 公式Instagram
  • シースター株式会社 公式Facebook
  • シースター株式会社 公式YouTube
Copyright c SEASTAR Corporation All Rights Reserved. > プライバシーポリシー